TOPICS
  • 【ビール】大山の恩恵をたっぷり受けて!大山Gビール【鳥取】

    今回紹介するのは大山Gビールです。 このお酒は「くめざくら大山ブルワリー」で造られているビールで、大山の恵みをたっぷり受けて造られるクラフトビールなのです。 <大山Gビールを造る要素> 地蔵滝の泉 大山Gビールでは地下150mから大山の伏流水を汲み上げています。地蔵滝の泉から湧き出る水と同じで、この水は大山の雪解け水が400年もの年月をかけてろ過されて湧き出ている軟水なのです。元々は5mほどの滝だったのが豪雨で崩壊してしまったので現在の形になったのだとか。平成の名水百選にも選ばれていて地元の人も汲みに来る湧水です。 二条大麦であるダイセンゴールド この大麦は黒ボク土(火山灰からできた触った感触…

    こてっちゃん

    BAR こてっちゃん

    読者になる
  • フィンラガン オリジナル

    アイラからスコットランドの島々を統治していた島々の王”Lord of the Isles”。 その拠点となっていたアイラ島の港町の名前を付けてリリースされた商品です。 独立系ボトラーズのシングルモルトで、中身の蒸留所名は非公開となっていますが、アイラ島で1番の生産量のあそこです。 年数表記 NA 色 ゴールド アルコール度数 40% アロマ ピート、焼きたてのパン、はちみつ、腐葉土、オレンジ、ナツメグ、若草、ハーブ 評価 78 コメント わかりやすいヤングアイラ。アロマに土っぽいのニュアンスがあったが、フレーバーにもゴボウのような木の根のニュアンスを感じた。スパイシーで価格の割にしっかりとした…

    Yaffee

    Yaffee`s Whisky Note

    読者になる
  • たまには洋酒で乾杯。 武田食品「山梨サングリアピーチ」

    今日も晩酌。 今夜は先日出張の際にお土産にいただいた1本。 先日に引き続きサングリアをレビューします。 今日の洋酒は、 武田食品「山梨サングリアピーチ」 公式サイトより 山梨県産白ワインと桃果汁が絶妙に溶け合い芳醇で豊かな香りを演出します。瑞々しい桃とブドウの爽快感ある飲み口、フルーティな味わいをお気軽にお楽しみいただけます。 とのこと。 原材料は、糖類(国内製造)・ワイン・醸造用アルコール・桃果汁・酸味料・香料・酸化防止剤(亜流酸塩) アルコール度数8%。 先日レビューした「山梨サングリアグレープ」。 非常にフルーティーで飲みやすい1本でした。 www.bansyaku.com ではいただき…

    Right Size

    晩酌代は小遣いから。

    読者になる
  • 唐揚げとウイスキーってよく聞くけど……

    今回のテーマは唐揚げとウイスキーについてです。 よくサントリーさんの販促として「ハイ・カラ」や「トリ・カラ」など、ウイスキーと鶏のから揚げの相性がいいという話を聞く機会が多くなってきたと思いますが、鶏のから揚げといっても無限の種類があり、ウイスキーもハイボールに適したものだけでも様々なものがあります。果たしてどんなウイスキー・唐揚げでも合うのか?また、なぜ合うのか?というところを見ていこうと思います。 まず、唐揚げですが、似たような分類として ・竜田揚げ ・とり天 ・フライドチキン などがありますが、唐揚げはどこまでが、唐揚げなのか調べてみました。 各定義 唐揚げ 下味をつけた肉(基本的には鶏…

    Yaffee

    Yaffee`s Whisky Note

    読者になる
  • キリン富士山麓樽熟原酒50度、高評価ウイスキーが終売で価格高騰中

    「キリンウイスキー富士山麓樽熟原酒50度(kirin Fujisanroku Tarujukugenshu)」は、キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所で醸造されたウイスキーを使ったモルトウイスキーとグレーンウィスキーをブレンドして作られたブレンデッドウイスキーです。 ジャパニーズウイスキーの需要はここ10年あまりのうちに急激に高まってきたため、生産が追い付かない状況です。 その結果、10年以上の長期熟成原酒の製品化が抑えられたり、生産中止になったりして商品の高騰が進みました。 キリンの「富士山麓ブランド」のなかでも人気の高かった、通称白ラベル「富士山麓樽熟原酒50°」にもその波がやってくることに。

    ムギオ

    ムギオのお酒探訪

    読者になる
  • レモンサワーを比較してみた Vol.152 サントリー「 セブンプレミアム サントリープレミアムバー 爽やかレモン」

    今日も晩酌。 今夜は久しぶりにコンビニに寄ったら新商品が販売していたので手に取ってみました。 早速レビューします。 今日のレモンサワーは、サントリー「 セブンプレミアム サントリープレミアムバー 爽やかレモン」 公式サイトより 公式サイトに記載がないので、缶に書かれた文章を書きます。 レモンを皮ごとお酒に漬け込み隠し味にジンをブレンドした華やかな味わいのバーのレシピ。 とのこと。 原材料は、スピリッツ(国内製造)・ジン・レモン浸漬酒・レモン果汁・糖類・酸味料・香料・酸化防止剤(ビタミンC)。 アルコール度数6%・果汁6%・カロリー1本あたり207kcal。 セブンプレミアムの商品は品質の高さの…

    Right Size

    晩酌代は小遣いから。

    読者になる
  • 辛口シトラス 牛の 「シルヴィオカルタ ボイジン」

    これだけ派手に「牛」が描かれているのに、日本語の説明はどこを探しても牛が出てこない。このラベルを見て買ったと言っても良いのに。ツッコミどころだと思うのに。牛肉の部位別のところに、ボタニカルらしきものが描かれている。 原産地のイタリアも含め、外国の説明もほとんど無い。かなり少ない情報からの解釈なので真偽はわからないが・・。イタリア語で、4歳以上の去勢された雄牛が、bui(複数形buoi)で、これがboiになった(伊の言葉のあや?)。勢いのあるジンを現すため、boiginとした。とか 日本の商品説明はすごいよ。(抜粋)オレンジやマンダリンの香りが豊かにトップノートを飾る。奥にはジュニパーベリーの香…

    ジン遊 㐂ジン

    ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

    読者になる
  • 読者になる
  • スコットランドの歴史 ~エドワード3世とディヴィッド2世~

    エドワード3世の親政と再びスコットランドの支配 Free-PhotosによるPixabayからの画像 エドワード3世は成人する1330年の11月に宮廷革命を起こし、摂政を行っていた母イザベルは終身幽閉処分、ロジャーを死刑に処し実権を取り返します。エドワード3世は国内の統治を安定化させます。(この時のロジャーとイザベルは国王を完全に無視した政治を行っていた。) 一方幼王ディヴィッド2世のスコットランドではロバート1世の前の王ジョン・ベイリャル(イングランドに「運命の石」を奪われた時の王。スコットランド内で支持する貴族は少数だった)の息子エドワード・ベイリャルが反乱を企てます。この時、エドワード・…

    Yaffee

    Yaffee`s Whisky Note

    読者になる
  • お酒は飲むと体に悪いの?知っているようで知らないお酒の秘密。

    皆さま、お酒(アルコール)で連想されるものって色々あると思いますが、 ふと頭をよぎるのは ・二日酔い ・急性アルコール中毒 ・アルコール依存症 など、何かとお酒に悪いイメージがついていませんか? 実は私たちも、詳しく知るまでは否定的なイメージでしかなかったんです。 ですが、ここで皆さまに知ってもらいたいのはただひとつ! そもそもアルコールというものは体に良いとされているのです! 「 お酒は好きだけど、健康のために毎日飲むのは控えている 」 そんな方も必見! 飲み方、飲む種類などを正しく理解していれば毎日飲んでも大丈夫なんです! では、そのお酒の実態について詳しく迫っていきましょう。 目次 お酒…

    ライフパートナー

    今からでも遅くない。気持ちで始める健康意識

    読者になる
  • たまには洋酒で乾杯。 武田食品「山梨サングリアグレープ」

    今日も晩酌。 今夜は先日出張の際にお土産にいただいた1本。 初めてサングリアに挑戦します! 今日の洋酒は、 武田食品「山梨サングリアグレープ」 公式サイトより 山梨県産赤ワインと相性抜群の巨峰果汁をミックスしたサングリアにゆずのアクセントを加えました。爽やかすっきり仕立ての甘口ワインです。 とのこと。 原材料は、巨峰果汁/赤ワイン マスカットベイリーA。 アルコール度数8%。 サングリアってスペインのお酒で、ワインにシナモンやフルーツを加えて作るそうですよ。詳しくは下記。 www.sapporobeer.jp フルーティでおいしそう。ではいただきます。 【味わいレビュー】グラスに入れていただき…

    Right Size

    晩酌代は小遣いから。

    読者になる
  • 【づけジン】  渋を抜いた「渋柿」のジン浸け 逆送!

    先に、渋柿をジンに浸けても「渋いまま」と報告し、その最後に「この話には続きがあるのです。乞うご期待」と、意味深な書き込みをしました。結論から、なんと!「渋抜きをした柿を、【づけジン】にすると、渋柿に戻る」のです。 渋抜きした渋柿(ジンをヘタに付けて密閉)については、下記(柿ではない)に紹介したが、この渋くない(トロッと甘い)柿をウイルキンソンジン47.5%に浸け、1日置いた。飲むと、柿味の甘い【づけジン】になっている、美味しい。 が、果肉は相当「渋い」(あれだけ甘かったのに)。ジンのジュニパーの渋さが移ったのかと、焼酎でも試して見たが、「渋い」。アセトアルデヒドと結合して不溶性となった(渋さの…

    ジン遊 㐂ジン

    ジンを楽しみ ジンで遊ぶ

    読者になる