日本酒は日本の文化ナリ( ̄^ ̄)b

?
テーマ名
日本酒は日本の文化ナリ( ̄^ ̄)b
テーマの詳細
日本酒・・・ 美味しい、だけではなくて れっきとした「日本の文化」です。 そんな「日本の文化」を お酒ダイスキのみなさんで 次世代を育成する若い方たちに 伝承しませんか? なんていいながら呑んじゃったりして( ̄∀ ̄*)イヒヒ 日本酒のこと、なんでもトラバっちゃってください♪
管理人
みぅみぅ管理画面

▼ ブログ村テーマへのリンク方法(無料)

あなたのサイトに「日本酒は日本の文化ナリ( ̄^ ̄)b」テーマへのリンクを掲載いただけます。また、ログインいただきリンクを取得することでランキングポイントが加算されるようになります。

下記のお好きなタイプのリンクタグをお持ち帰りいただき、あなたのブログに貼り付けてください。
テーマリンクのテキスト変更は禁止とさせていただきます。また、バナーを加工する際は必ず「ブログ村テーマ」のロゴを入れてください。
(テキストの表示位置を変更したい方は、HTMLタグをご変更ください。複数まとめて掲載される方は、「バナー」または「ブログ村テーマ」の文字を一つ以上表示してください。)

▼ リンクタグ … ここから下、お好きなリンクタグをコピーしてお貼りください

  • バナータイプ 88*31ピクセル (バナーあり)

日本酒は日本の文化ナリ( ̄^ ̄)bの記事

?
  • 01/17 22:42
    https://sei0508blog.hatenablog.com/entry/日本酒は呑まれているか

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 01/16 21:05
    https://sei0508blog.hatenablog.com/entry/末廣伝承山廃純米

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 01/14 20:29
    https://sei0508blog.hatenablog.com/entry/「せとうちグルメフェス」

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 01/12 21:49
    https://sei0508blog.hatenablog.com/entry/紀土のイベント

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 01/05 20:13
    https://sei0508blog.hatenablog.com/entry/魚金池袋

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 01/04 20:13
    https://sei0508blog.hatenablog.com/entry/_霧筑波特別醸造酒

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 01/03 21:31
    https://sei0508blog.hatenablog.com/entry/折原商店@門前仲町

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 01/02 15:53
    https://www.sakeblog.info/yukinosake-best-of-the-year-2018/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 12/31 22:11
    http://horo41.blog87.fc2.com/blog-entry-1385.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    アオイ

    今夜もほんのりほろ酔い葵日記

  • 12/30 10:13
    https://www.sakeblog.info/isojiman-tokubetsujunmai-yamadanishiki-58/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 12/17 06:14
    奈良萬 純米酒 を呑んでみた

    福島のお酒なのになぜが「奈良」萬を呑んでみました。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/16 06:17
    紀伊国屋アントレ@日本橋

    リニューアルした日本橋高島屋にできた紀伊国屋。日本酒が充実しているとの記事を見て、足を運んでみました。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/14 07:52
    播州一献 山廃仕込を呑んでみた

    「全焼した酒蔵を応援したい」訪れた酒屋の想いに共感し、購入しました。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/13 06:43
    山梨の地酒:大冠 を呑んでみた

    昨日に引き続き、ふるさと納税でGetした山梨のお酒シリーズです。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/13 06:38
    山梨の地酒:甲斐の開運を呑んでみた

    ふるさと納税でGetした、山梨のお酒です。富士山の湧水仕込みだそうです。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/11 07:19
    特別純米 貴 ふかまりを呑んでみた

    角打ちで紹介した鈴木酒販にて、「特別純米の限定品」に惹かれ、買ってみました。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/10 06:04
    鈴木酒販小売部@須田町で角打ち

    入谷の店にはたまに行くのですが、秋葉原、万世橋辺りをふらふら歩いていた時に、 このお店を見つけました。なかなか立派な店構えです。 店内には日本酒の他、ウィスキー・ワインのスペースもあり、街の酒屋さんみたいな入谷店とは真逆、明るくカフェみたいな雰囲気となっています。角打ちスペースには一人男子が数人。 まだあったか「獺祭島耕作」と「濃口尚彦研究所」をそれぞれ90ml、頂きました。 (テイスティング結果は別の機会に紹介しますね) ディスプレイも兼ねた店内の冷蔵庫とは別の、保存用の冷蔵庫に入れるのも面白かったです。中は相当冷えていて、白い息での見学となりました。 綺麗な店内、丁寧に扱われたお酒、アテも…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/09 06:08
    ふるさと納税で地酒をGetする②

    ふるさと納税で、とても素敵な地酒のセットを手に入れました!

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/08 02:54
    忠愛(ちゅうあい)「純米吟醸」美山錦しずく酒

    栃木県の株式会社富川酒造店さんが醸す、忠愛(ちゅうあい)「純米吟醸」美山錦しずく酒を飲んだ感想。この綺麗な灯り、これは櫨の実から作った和ロウソクの火だ。芯は和紙で空洞になっていることから、風もないのに最初は上下に美しく揺らぎます。落ち着くと驚くほど長く伸びる。ずっと見ていられそうです。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 12/06 06:37
    すみだ江戸切子館に行ってみた

    「蛇の目」と言ってもミシンじゃないよ。お猪口のことだよ。

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/06 01:13
    忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」赤磐雄町しずく酒

    栃木県の株式会社富川酒造店さんが醸す、忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」赤磐雄町しずく酒を飲んだ感想。このこちっとした旨味。これは!、使い込んだBREEの名詞ケースだ。ヌメ革独特の自然な風合い、使い込んで自然に程よく乗った茶色い艶。永くずっと付き合っていきたいと思わせる馴染んだ感触。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 12/05 08:11
    クラシック仙禽 亀ノ尾 2018を呑んでみた

    栃木の有名なお酒をテイスティングしてみました。造り手のこだわりが見事に反映されています。 【タイプ】 精米歩合を麹米40%、掛米精米50%とそれぞれ表示する、珍しいお酒です。 爽酒に位置づけられるかと思います。 【飲用温度】 17.1℃。 【色調】 ほんの少し黄色があります。清涼度は高いです。 【香り】 強くはありませんが、フルーティさを感じます。 【口あたり】 含んだ瞬間、心地良い刺激と柔らかな酸味が、口内と舌の上にさーっと拡がります。 【味】 ほのかな甘味、プレーンヨーグルトのような爽やかな酸味です。 【のどごし】 飲み込めば液体は喉をスーッと流れます。 【残り香、余韻】 香りはほとんど感…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/04 07:23
    福島の地酒:會津ほまれを呑んでみた

    ふるさと納税でGetした、福島の地酒、會津ほまれをテイスティング。酒蔵は、TBSサンデーモーニングで有名な唐橋ユミさんのご実家。 果たして彼女みたいな、柔らかでまろやかなお酒でしょうか。。。 【タイプ】 ・精米歩合70%の純米酒。爽酒に分類されると思います。 【飲用温度】 ・18.8℃。 【色調】 ・無色透明、清涼度も高いです。 【香り】 ・強くはありませんが、焼酎のようなアルコール臭を感じます。 【口あたり】 ・おっと、口に入った瞬間から主張を感じます。焼酎をストレートで含んだ時の感覚に近いです。 【味】 ・ほんのわずかにかすかな甘味を感じますが、かなりドライです。 【のどごし】 ・飲み込め…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/03 08:02
    「そばと日本酒の博覧会 大江戸和宴2018」に行ってみた

    代々木公園のイベント。 最近はキャッシュレス決済普及の仕掛けとして、野外イベントが使われますね。 今回は「Origami」が4杯半額の企画を実施。結構おトク感があります。 昨年と違い、B級グルメ・ご当地鍋のエリアが新設。 出展社は、獺祭・真澄・新政など蒼々たる酒造ばかり。エリア括りにテントが割り当てられ、酒が振る舞われます。単品は400円〜。指定のセットが3杯で1000円。 蕎麦の行列には閉口したので、B級グルメから博多のもつ鍋をチョイス。 プリプリのもつ、暖かくて甘めのスープがOrigamiの4杯セットによく合いました。 折角なので、普段呑めない銘柄をということで、新潟の3種セットをチョイス…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/02 16:37
    Amazonプライムで見よう、「石ちゃんのSAKE旅」

    「Amazonプライム」はとても便利なサービスです。月額400円で買物は即日配送になるわ、対象の音楽や本、映画やTV番組も「放題」になります。特に映像の分野では、Amazonでしか見られないオリジナルコンテンツが結構充実しています。その中に、日本酒関連で「石ちゃんのSAKE旅」という25分番組が。グルメレポーターの石塚英彦が酒蔵を訪問⇒蔵の特徴やこだわりなどをインタビュー&試飲⇒蔵の近所のお店で料理とのマリアージュを楽しむ、という構成になっており、「獺祭」「南部美人」などマスコミでよく目にする有名系、TV映えのする蔵が多く登場します。 石ちゃんが登場することもあって、既視感のあるボケとツッコミ…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 12/01 06:08
    日本酒の用語

    日本酒のオーダーを巡る、お客と店員のすれ違いについての記事がありました。http://news.livedoor.com/article/detail/15498612/この例にあらず、日本酒に関わる言葉には、わかりづらいことが多々あります。記事にある、「冷や」という言葉が「常温」を指すなんて、関係者か日本酒好きでなければわからないですよねー。 初秋の頃出回る「冷や(ひや)おろし」。私は当初「涼しくなる頃に卸される」お酒だと思っていました。 実際は、「冬に作ったお酒を一度殺菌し春夏に貯蔵して、出荷前の殺菌を省略したお酒」。(通常日本酒は出荷されるまでに2回、「火入れ」と呼ばれる殺菌を行ないます…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 11/30 22:30
    酒場訪問:夜行列車@上野

    会社の酒友と訪問。 すぐそばの「立ち飲みストリート」に行く途中、 何度も前を通る度に、気になっていたお店です。 店内は、落とした照明と経年で茶色見を帯びた壁。 いい感じの黄昏色。10人程度が座れるカウンターに腰掛けます。 壁一面に貼られたお品書き、酒は全てが純米酒のようです。 テーブル上の紙マット・コースター・箸袋には墨文字で粋な メッセージ、書かれています。箸置きはなぜか石。 まずは富山「銀盤」の大吟醸をチョイス。大阪の立ち呑み屋では300mlのアルミ缶をよく呑みました。アテにはサバの燻製を。半生になったサバに香ばしさがプラスされ、お酒とよく合います。 カウンターを見渡せば、一人客、中年のカ…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 11/29 06:27
    福島の地酒:笹正宗を呑んでみた

    ふるさと納税でGetした、福島の地酒、笹政宗をテイスティング。以前ご紹介した、「金水晶」との比較も混ぜながら進めていきましょう。 【タイプ】 ・精米歩合60%の純米吟醸酒。酸を感じるとので、爽酒寄りの醇酒になると思います。 【飲用温度】 ・13.6℃。ほんのり冷ためです。 【色調】 ・少し黄色見ががっております。 【香り】 ・わずかな香りのみです。あえていえばフルーティかな、という程度。 【口あたり】 ・口に含むと、まろやかで柔らかい口当たり。 【味】 ・舌の上では金水晶ほどではありませんが甘味を感じますが、刺激はこちらの方が強いです。 【のどごし】 ・飲み込めば液体は喉をスーッと流れます。 …

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 11/28 21:33
    福島の地酒:金水晶を呑んでみた

    ふるさと納税でGetした、金水晶酒造の金水晶をテイスティング。 【タイプ】 ・醇酒になると思います。 【飲用温度】 ・例:16.6℃ 【色調】 ・少し黄色見ががっております。 【香り】 ・グラスから感じるのは、わずかな香りのみです。 【口あたり】 ・口に含むと、まろやかで柔らかい口当たり。 【味】 ・舌の上ではまるで純米大吟醸のような、シロップみたいな甘味を感じます。 【のどごし】 ・飲み込めば液体は喉をスーッと流れ。 【残り香、余韻】 ・わずかに余韻と刺激が口内に。 【コメント】 ・焼いた秋刀魚に合わせてみたところ旬の脂と見事に同調しますが、酒の甘味が一層強く感じられました。砂糖が入った、魚…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 11/27 07:33
    唎酒(ききざけ)のやり方

    唎酒とは、「五感をフルに稼動させ、酒の個性を把握し、その個性を人々にわかりやすく伝えること」を意味します。 まずは目(視覚)で、酒の色調、透明度、粘性を確認します。 次に、鼻(嗅覚)で、口に含む前の酒の香りを確認します。 続いて、10mlくらいを口に含み、10秒ほど口内でくゆらせ、口当たり(触覚)と味わい(味覚)を確認、その後酒を呑み込んだ際の、喉ごし(触覚)と鼻に抜ける香り(嗅覚)を確認した上で、感じたことを表現することになります。 このブログで個々の日本酒を、教科書に則って以下の要素を押さえながら、なるべく多くの人がイメージできるよう、明瞭・簡潔に紹介していきたいと思います。 【タイプ】 …

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 11/26 07:02
    全国魚市場&魚河岸まつり@日比谷公園

    11月の三連休最終日は、日比谷公園のイベントに顔を出しました。 たくさんのブースで、豊かな海の幸がいろいろな料理になっています。 入口のすぐそばに、上善如水。100円で小さなカップですが6種類の試飲OK。珍しいと店の人に言われたひやおろしは、まろやかさとコクがあり、上善のイメージとは違う方向性。「my time」と名付けられた新商品は微発泡で甘く、日本酒初心者女子の舌をがっちり掴みそうです。 途中、エビがたっぷり入った味噌仕立てのエビ汁を啜りながら進むと、白鶴のブースを発見。100円で常温かお燗をコップ一杯(90mlかな?)ということで、2つ頼んでみると 1杯に1つ、お土産がついておりました。…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 11/25 16:27
    ふるさと納税で地酒をGetする

    ふるさと納税を使うと、各地の隠れた名品を手に入れることができます。ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附をすると、実質年間2,000円の負担で寄附金が所得税・住民税の控除の対象となる制度です。また、寄付先の自治体からはお礼として各地の名産品が送られてくるので、二重におトクとなります。先日、福島県中島村に1万円を寄付し、「福島の地酒セット」をGetしました。 ほまれ酒造、鈴木酒造店、金水晶酒造店、大木代吉本店、笹正宗酒造、辰泉酒造。 東京ではそれほどメジャーではない酒蔵が揃い、なかなか手に入らない銘柄が集まりました。個々のテイスティング結果は別途ご報告しますが、税金が安くなって返礼品ももらえる…

    せーいちろー

    酒に交われば、しゅらしゅしゅしゅ

  • 11/25 02:02
    忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」播州愛山しずく酒

    栃木県の株式会社富川酒造店さんが醸す、忠愛(ちゅうあい)「純米大吟醸」播州愛山しずく酒を飲んだ感想。この切り取られ方!、これは中井精也さんの鉄道写真だ。全体の構図として見せるのは写真家らしい別の主題の美しい写真。でも皆は知っている、どこかに電車(アクセント)が入っているはず!、あっ、あったぁ。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 11/06 21:57
    上喜元(じょうきげん)「純米大吟醸」出羽燦々槽垂れ

    山形県の酒田酒造株式会社さんが醸す、上喜元(じょうきげん)「純米大吟醸」出羽燦々槽垂れを飲んだ感想。ほのかながらこの絶妙な甘味と旨味のバランス。これは、小潮の満潮だ!。月と太陽が直角のときということもあり干満の差は激しくない。潮止まり?、十分に満たされているが、当たりもなくとても穏やか。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 10/25 03:12
    楯野川(たてのかわ)「純米大吟醸」清流H29BY

    山形県の楯の川酒造株式会社さんが醸す、楯野川(たてのかわ)「純米大吟醸」清流H29BYを飲んだ感想。これはSONYのレンズSEL24105Gだ!。広角端では広めの自然な視野角ながら、素晴らしい全体の描写。そしてぐぐっとズームすると見えてくる、遠方の美味しいところ。端っこまで綺麗♪。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 10/20 19:23
    裏・雅山流(うら・がさんりゅう)「本醸造」香華H29BY

    山形県の有限会社新藤酒造店さんが醸す、裏・雅山流(うら・がさんりゅう)「本醸造」香華H29BY低温仕込無濾過生詰を飲んだ感想。な、何と言う圧力のなさ!。澄み切った綺麗な味わいは、何の抵抗感もなく喉を流れていきます。この低圧力感、これは真空管だ!。ぽっと灯ったあかりも、なんとも柔らかい。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 10/14 17:58
    孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」美山錦無濾過生原酒H29BY

    愛知県の合資会社柴田酒造場さんが醸す、孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」美山錦無濾過生原酒H29BYを飲んだ感想。この警戒心のない旨味の現れ方、これはホタルだ!。気がつけば、娘の肩に舞い降りて、ふわっと柔らかい光をだす。揺れるような光をだしたかと思えば、ふわっと消える。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 10/12 08:13
    https://crispy-life.com/food/180926dinner/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    crispy-life

    カリッとした毎日。

  • 10/06 21:24
    孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒H29BY

    愛知県の合資会社柴田酒造場さんが醸す、孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒H29BYを飲んだ感想。いいなぁ、このバランス!。パーフェクトか?と聞かれると、そうではないかもしれないが、そこに可愛げがある。目は大き目でくりっとしているが、鼻筋はお世辞にも通っているわけではなく、少し丸い。この個性!。ここが可愛げ。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 09/25 22:02
    孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BY

    愛知県の合資会社柴田酒造場さんが醸す、孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」雄町無濾過生原酒H29BYを飲んだ感想。いいなぁ、この盛り上がった起伏。そしてその山頂での爽快感。ヘリスキーよろしく、そこから一気に滑り降りる。達成感を感じるのは麓のホテルが見えたころ。ここからはゆっくりと余韻を楽しむ。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 09/19 22:00
    孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」夢山水無濾過生原酒H29BY

    愛知県の合資会社柴田酒造場さんが醸す、孝の司(こうのつかさ)「純米吟醸」夢山水無濾過生原酒を飲んだ感想。何とも雰囲気のある甘味と旨味のバランス。以前のパンっと華やかな甘酸ジューシーとは少し違い、食との距離感を絶妙に察知し、一歩下がったところから優しむ微笑む。握手をした後見送ると、小舟に乗って去っていきました。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 09/13 20:24
    天領(てんりょう)「大吟醸」天のしずく生貯蔵原酒

    岐阜県下呂市の天領酒造株式会社さんが醸す、天領(てんりょう)「大吟醸」天のしずく生貯蔵原酒を飲んだ感想。やや品温が上がってから、もう一度注意深く含む。おお、ひだほまれらしい旨味が、あちらこちらに手足を伸ばす。やや品は失うが、その分妖艶。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 09/12 00:45
    英君(えいくん)「大吟醸」全国鑑評会出品酒H29BY

    静岡県の英君酒造株式会社さんが醸す、英君(えいくん)「大吟醸」斗瓶囲いしずく生酒全国鑑評会出品酒H29BYを飲んだ感想。果実から滴り落ちてくるしずく(甘味)を下で待ち構える。ようやく一滴。ふ~っと顔がほころぶ。しかし次の一滴が待てず、思わず吸い付く。じゅわっと染み出してくる甘味。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 09/05 20:08
    https://www.sakeblog.info/eikun-junmaidaiginjo-tobingakoi-shizuku-nama-h29by/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 09/04 07:40
    https://www.sakeblog.info/kurand-ikebukuro/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 09/04 01:13
    https://www.sakeblog.info/style-j-sake/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 08/30 06:04
    https://www.sakeblog.info/30-kid-daiginjotobindori-shuppinshu/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 08/28 04:20
    https://www.sakeblog.info/nagoya-sakenomasu-2018/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 08/27 21:04
    https://www.sakeblog.info/gifu-no-jizake-ni-you-2018-in-gifu/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)

  • 08/26 16:30
    https://www.sakeblog.info/eikun-daiginjo-bokun-tobinghakoi-kasseiorizake/

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    明@由紀の酒

    日本酒ブログ(由紀の酒)